歩いているときに足の甲が痛い時のテーピング方法【リスフラン関節】

普段生活をしていると、「ちょっと痛いけど我慢できるし見てもらうほどでもないかな~」というくらいの痛みが起きることありませんか?

先日、来られたお客さまも痛みが出た当初はそんな感じでした。


病院に行ってもレントゲン上は問題なし。湿布をもらうだけで特に処置があるわけではありません。

放っておけば治るだろうと思っていたのが、徐々に痛みが増していきます。

病院では何もないと言われたのにおかしい、、、と思って来店されました。

リスフラン関節の痛み

写真痛みがあるのはこの矢印の部分、足の甲の一番出っ張っているところです。

足には26個の骨があり、それぞれが小さい靭帯や筋肉で結ばれています。

その中でもこの部分はとても大事な関節の一つでリスフラン関節と言います。

足のアーチを保ったり弾力を保つのに大切な部分で、意外とケガをする人が多い関節でもあるんですね。

一般の方にはあまり馴染みがないかもしれませんが、スポーツ選手でここを痛めると厄介なんです。

足の甲を痛めることは意外と多く、症状も様々です。

[st-card id=2432 ]

歩いたり走ったりでどうしても使ってしまいますからね。

リスフラン関節のテーピング

骨のねじれが出にくくするように縦に伸びている骨をサポートし、アーチの崩れを補正します。

ふくらはぎや足回りの筋肉を緩めるとともに、キネシオテープで関節の位置を正しく整えます。今回使用したテープは、25mm幅のキネシオテープだけですが驚くほどの効果が出ることもよくあります。

来店したときは足をひきずっていましたが、テーピング後はすたすたと歩けるほどに。

これくらいの痛みなら、、、と我慢しているとのちのち取り返しのつかない痛みになることも。

身体の違和感に敏感になり、早め早めの対処をお薦めします。

足の甲の痛みに関するお問い合わせは

このような方はお気軽にご相談ください

  • 地面を蹴る時に足の甲に痛みが出る
  • 踏み込むことができない
  • パキパキ音がする

専門のトレーナーがマンツーマンで指導しますので、上記のようなお悩みがある方はお気軽にご相談ください。ご自宅でできる簡単なストレッチやトレーニングの指導なども行いますので安心して取り組むことができます。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせや施術のご予約はこちらのフォームより承ります。

ご予約を希望される方は、ご希望の日時や連絡先を下記フォームに記入して送信をお願い致します。後ほどスタッフから折り返しのメールをお送りししますので、日時の確認を終えた段階でご予約が成立となります。

メールフィルターをお使いの方は、事前に下記ドメインを受信可能にして下さい。@mentena.com

当日の施術をご希望の方は、042-306-6147 までお願いします。「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください。

    お問い合わせご予約取材・イベント依頼その他のご連絡

    フォローよろしくお願いします!

    投稿者プロフィール

    倉持江弥
    東京都府中市のスポーツ整体「ストレッチ&コンディショニングめんてな」代表の倉持です。体のゆがみを整えて、楽に動ける体作りをサポートします。

    【国産素材】手づくり、無添加にこだわった体にイイ食事

    ”体にいい食事”を作ろうとするほど手間がかかってしまい
    忙しい毎日の中ではどうしてもあざなりになりがちです。

    せっかく食材を揃えたのに使いきれなかったら。

    どれだけ忙しい中でも、毎日の「食事」は大切にして欲しい。
    日々の食事に悩む生活から、食事を楽しむ生活にシフトするチャンスです。
    日々を頑張るアナタを応援する、そんな存在になれれば幸いです。