【Youtube】足のアーチをあげる『しずく』のテーピング

久々にYoutubeを更新しました!
今回のテーマは足裏のアーチをあげる「しずくのテープ」。

8月に入ってから足や膝のお問い合わせが増えてきたので、
それに合わせてこのテープを施す機会が多かったです。

簡単にできて効果が高いので、ぜひお試しを!



アーチをあげるテーピングのやり方

用意するテープは50mm幅のキネシオロジーテープ。
これを縦に半分に切って使用します。


角を丸めておくと剥がれにくくなります。


拇趾球からスタートして土踏まずの内側を通って、カカトの裏まで回します。


そのまま元の位置まで戻ります。
テープは軽く引っ張りながら貼ることで、アーチをあげる効果が高まります。

だいたい10%の伸び率くらいを目指して引っ張るといいかなと思います。


テープの位置を少しずらして、もう一本貼ります。


これで完成です。

貼り終わったあとは指で押さえつけてあげて、剥がれないようにしましょう。

なんでテーピングが必要なの?

例えば、タオルギャザー(足の指でタオルを掴む)やグーパーのように、
足の指を動かすトレーニングやればいいんじゃないの?

終われるかもしれません。


確かに足指の運動をすることでアーチの機能に刺激を入れて改善が見込まれますが、
実際にそこまで動かせる方は少ないのが現実です。

しかも毎日5000〜6000歩も歩いていたら、足が地面に接するたびに衝撃が足に加わります。

その衝撃があるとトレーニングだけでは追いつかなくなるので、
テーピングなどでサポートすることを勧めています。


もちろん専用のインソールを使うことで、より大きな効果を得ることも期待できます。

テーピングのデメリットは、

●テープを正確に貼るには技術がいる
●毎回テープを貼るのが面倒臭い
●サポートが弱い気がする

といったことが考えられます。


特にテープを貼るにはそれなりの技術が必要なので、
毎回少しずつ変わってしまうこともしばしばです。

その点、矯正用のインソールは足の型を取ってしまえば、
ずっと使い続けることができます。

まずはテープを試してみて、もっと強い反応がある選手を

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。
今回の無料PDFでは厳選した17種類の方法を紹介しています。全身くまなく網羅しておりますので、ぜひお試しください。