脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症って?

背骨の形状を見ると、真ん中が空洞になっています。

この空洞のことを脊柱管と言い、
何らかの原因で脊柱管が狭くなることで神経を圧迫することで、
しびれや痛みを発症してしまいます。

安静時には痛くなくても、
歩く時間とともに症状がひどくなる、
休憩すると改善するが歩き出すとまた辛くなるという特徴があります。

脊柱管狭窄症の原因

50歳代以降の中高年の方によく見られますが、
原因には先天性と後天性の二種類があります。

先天性というのは生まれつき背骨に変性があることが原因です。

後天性の場合には椎間板へのストレスや疲労が大きく関わっています。

他の腰痛と同様に長期にわたってストレスがかかると、
椎間板が徐々につぶされて様々なトラブルが発生してきます。

また、ヘルニアやすべり症などと合併狭窄を起こすこともあります。

当店では、

①骨盤や背骨のゆがみの調整
②背中の筋肉を緩める
③ストレッチやエクササイズなど適切な運動

をすることで症状を改善していきます。

投稿日:2013年6月24日 更新日:

Copyright© 府中市のスポーツ整体|ストレッチ&コンディショニングめんてな , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.