股関節

股関節はとても複雑な構造をしているため、スポーツ動作に限らず日常生活の中でも痛みやつまりを感じる方は多いです。

お気軽にご相談ください

  • 股関節の前側に痛みやつまり感がある
  • 股関節の外側に痛みや引っかかりがある
  • お尻の付け根に痛みや痺れがある
  • 手術後に可動域が戻らない

無理なストレッチやエクササイズをやりすぎると逆に痛みが強くなってしまうこともありますのでご注意ください。

股関節の構造

股関節 引用:VISIBLE BODY

股関節 引用:VISIBLE BODY

青くなっている部分が表層の筋肉で、その奥に深層の小さな筋肉、さらにその奥に骨と骨を結ぶ靭帯が存在しています。

姿勢が悪くなったり、怪我をすることで複雑に絡み合った筋肉で固さが生まれて股関節の痛みや引っかかりを感じるようになります。

骨と靭帯の問題

股関節で特に問題になるのが骨の形状です。

特殊な形をしている大腿骨と骨盤は、人によって形が大きく異なるのが特徴的。大腿骨の先端部(頚部)の角度が浅いか深いか、ねじれがあるかないか、骨盤が長いなど形状によって可動域も変わってしまいます。

また、股関節は球関節と呼ばれて可動域が非常に大きい関節です。そのため、関節が外れないように強固な靭帯で支えられているのです。

鼠径部にある鼠径靭帯は太ももをあげた時に股関節の前側の筋肉と挟まりやすく、股関節の外側にある腸脛靭帯は大腿骨の外の出っ張り(大転子)とぶつかりやすくなっています。

筋肉の問題

股関節の付け根部分には、大事な神経や血管が通っているため何層にも筋肉が重なっています。

それぞれの筋肉の方向もバラバラなので、姿勢や動きによってどの筋肉が使われるのかが変わってしまうのです。

姿勢や動き方によって痛み方や引っかかりが変わってしまうのは、複雑な骨の形状と様々な方向に伸びている筋肉が影響しています。

姿勢と股関節の痛みの関係

普段の姿勢や動き方によって股関節にかかる負荷は大きく異なるのですが、特に座っている姿勢や立っている姿勢での影響が大きいです。

特定の動きだけ調子が悪い、こっちは動かせるけどあっちは動かせない、というようなことも起きるので原因を特定しづらいのが股関節の難しいところですね。

  • 床に座る時に女の子座りが楽な方
  • あぐらが苦手な方
  • 前かがみの姿勢をとる野球選手
  • 足を振り上げることが多いサッカー選手
  • 腰が反りやすい方

こういった方はもともと股関節が硬かったり、ちょっとした変形が見られたり、競技動作で股関節に負担がかかりやすいため痛みを感じやすいです。

股関節の症状を改善するポイント

股関節は骨盤と大腿骨で構成されているため、両方からのアプローチが必要になります。

骨盤が前傾しすぎると前側がつまりやすく、左右でねじれが出ると外側に引っかかりが出やすいです。まずはこの骨盤の歪みを整えていくことが第一。

次に筋肉と骨がぶつかったり、筋肉同士で動きをジャマし合わないように滑走性をよくします。最近ではリリースという言葉がよく使われますね。

最終的にはセルフケアで痛みが出ないようにすることが大切なので、ご自宅でできる簡単なエクササイズもお教え致します。

股関節の症状別のページ

股関節に関する詳しい症状に関しては、こちらに載せておりますので、もっと細かいところまで知りたいという方は是非お読みください。

股関節まわりの動きを制限している部分をつきとめて、正しい動き方を覚えることで徐々に股関節の不具合も解消され一歩が出やすくなります。

股関節の前側の痛み

グロインペイン症候群(鼠径部痛症候群)

グロインペイン症候群は、日本語でいうと鼠径部痛症候群。その名の通り、鼠径部(股関節の前面)に痛みが出る症状の総称です。 スポーツをしている方に症状が出やすく、特にサッカー選手や野球選手によく見られます ...

サッカー選手やラグビー選手、アメフト選手によく見られる股関節の前側の痛みに関する記事です。

股関節のつまり

no image
股関節のつまり(股関節のインピンジメント)

スポーツをしている・していないに関わらず股関節のつまりやひっかかる痛みに悩まされている方はとても多いです。例えば、現在は膝や腰に痛みが出ていても元々は股関節の調子が悪かったという話しもよく聞きます。 ...

しゃがむ時や脚をあげる時に股関節の前側につまりを感じる方に向けた記事です。

臀部の痛みや痺れ(坐骨神経痛)

no image
坐骨神経痛(脚のしびれ)

お尻から太ももの後ろ、足の先までにあらわれる痛みや麻痺、しびれなどの症状のことをまとめて坐骨神経痛と呼んでいます。 脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアなどが原因で坐骨神経が圧迫されると、下半身に痛みやし ...

お尻から太ももの裏にかけて起きる痛みや痺れに関する記事です。

股関節の外側の痛みや引っかかり

作成中

手術後の可動域の改善

作成中

股関節の痛みに関するお問い合わせは

こんな方におすすめ

  • 股関節の前側に痛みやつまり感がある
  • 股関節の外側に痛みや引っかかりがある
  • お尻の付け根に痛みや痺れがある
  • 手術後に可動域が戻らない

このような症状でお困りの時はお気軽にご相談ください。
ご自宅でできる簡単なストレッチやトレーニングの指導なども行いますので安心して取り組むことができます。

お問い合わせ・ご予約はこちら

ご予約を希望される方は、ご希望の日時や連絡先を下記フォームに記入して送信をお願い致します。後ほどスタッフから折り返しのメールをお送りししますので、日時の確認を終えた段階でご予約が成立となります。

メールフィルターをお使いの方は、事前に下記ドメインを受信可能にして下さい。@mentena.com

当日の施術をご希望の方は、042-306-6147 までお願いします。「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください。

お問い合わせご予約取材・イベント依頼その他のご連絡

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

【お問い合わせ内容】 または 【希望予約日時】

股関節

2017/9/22

股関節の痛みや可動域の制限を改善するには

股関節の痛みを感じたり、痛みではなくても違和感を覚える人は意外と多いですよね。股関節の可動域が狭いと感じている人も多いのではないでしょうか? 膝の痛みや腰痛の原因も、見ていくと股関節の可動域の問題からきているのではないかと思える場合もあります。 今回は股関節の可動域制限を改善した例を紹介します。 股関節の可動域とは 一言に股関節の可動域が狭いと言っても、非常に漠然としています。その理由は、股関節が球関節と呼ばれて360°動かすことができる関節だからです。 前後の動き(歩行など) 横の動き(バランスをとる、 ...

股関節

2017/2/7

宮原知子選手の股関節疲労骨折はどの部位?

フィギュアスケートの宮原知子選手が、左股関節を疲労骨折して四大陸選手権とアジア大会を欠場するという発表がありましたね。 昨年の12月に行われたグランプリファイナルでは銀メダルに輝く活躍を見せたのは記憶に新しいのではないでしょうか。実はグランプリファイナルの前から股関節に痛みがあったのだということですからオドロキです。 一言に股関節の疲労骨折と言っても、いくつか可能性が考えられますね。 ●大腿骨頸部の疲労骨折 ●恥骨部の疲労骨折 ●坐骨部の疲労骨折 ●上前腸骨棘の剥離骨折 ●下前腸骨棘の剥離骨折 股関節とい ...

股関節

2016/11/3

スクワットは自重が安全?それとも重りを使った方がいい?

前回、前々回とスクワットに関する記事を書いてきました。まだご覧になっていない方はこちらをご覧になってからの方が理解が深まると思います。 パーソナルトレーニングでスクワットの指導をしていると皆さん迷われるのが、このまま自重でやっていくのがいいのか、それとも重りをつけていった方が良いのか。 これにはトレーニング経験や目的など様々なことが関係しているため一言では答えを出せません。あくまで参考として見ていただければ嬉しいです。 自重トレーニングとは 自重トレーニングとはその名の通り、重りを持たずに自分の体重だけを ...

股関節

2016/11/2

スクワットで気をつけておきたい3つのポイント

先日、スクワットを行う目的と期待される効果についてという記事を書きました。もうお読みいただいたでしょうか?お読みいただいていない方は是非こちらをご覧になってから続きをお読みください。 こちらで書いたようにスクワットはとてもいい種目ではありますが、もちろんケガをするリスクも存在します。何も意識せずに行っていると膝や腰を痛める可能性もありますので、注意して行うようにしましょう。 今回はスクワットをする際に気をつけるべき3つのポイントとそれを阻害する身体的要因について解説したいと思います。 スクワットで気をつけ ...

股関節

2016/6/18

股関節や体幹の強化に有効なスライドボードが入荷しました!

メディスンボールやケトルベルなどのトレーニング器具や、ストレッチポールやフレックスクッションなどのセルフケア器具など、様々な目的に合わせた健康グッズが扱われています。 めんてなでもスペースの許す範囲で、これらの道具を使わせていただいています。 そんな中、本日新しいトレーニングツールが入荷いたしました。それがこちらのスライドボード! スピードスケートの選手が必死の形相でスライドボードの上を動いている姿をテレビで見たことがある方もいるのではないでしょうか。野球、サッカー、ラグビー、テニス、アメフト、バスケット ...

股関節

2016/5/12

股関節の痛みがある時に効果的な水中ウォーキングの方法について

股関節の痛みがある時は、歩いている時や座っている時など日常生活を送る上でも非常に困りますよね。いつ痛みが出るかわからないので外に出ることすら億劫になってしまうこともあります。 動かなくなる=筋力の低下+身体が硬くなる=痛みが増す という悪循環にならないためにも、休みすぎず適切な運動をしていくことが望ましいです。では、どんな運動が効果的なのでしょうか? ストレッチや筋トレなども大切ですが、今回は水中ウォーキングについて紹介したいと思います。水中ウォーキングというとダイエットに効果的というイメージが強いかもし ...

no image

股関節

2016/4/18

お尻の奥の方が痛い時の対処法

お尻の奥の方が痛いけど、どこが痛いかを手で触ってみてもなかなか痛みの場所を特定できない時ってありませんか? お尻が痛いのか、腰が痛いのか、、骨盤の横が痛いのか、、、 その痛みを人に伝えるだけでも一苦労ということもありますよね。股関節の周辺は厚みがあり筋肉や靭帯が入り組んでいるので、こういうことはよくありますのでご安心ください。 お尻の奥の痛み 本日いらっしゃった方もお尻の奥の方に痛みがあって、ストレッチをすることで対処していたけど最近はあまり痛みを改善できなくなった、ということで来店されました。 自分で触 ...

no image

股関節

2016/1/28

股関節のつまり解消エクササイズがスポーツクラウドで紹介されました!

めんてなではご自宅での痛みケアのためにyoutubeを使ってエクササイズの紹介などをしています。 遠方の方はなかなか来ることができませんし、自分で身体を変えていく習慣をつけていくことの方がよっぽど大事ですからね。 その中の一つ「股関節のつまりを解消するエクササイズ」がスポーツクラウド様で紹介されました! それがこちら↓ 股関節のつまり解消エクササイズで可動域を広げよう! 今のところ、月間PVランキングで9位にランクインしています。 最近は股関節の痛みに関する問い合わせが多かったので、もしかしたらこちらのサ ...

no image

股関節

2015/8/9

股関節のダイナミックストレッチで代謝アップ

先日、ウォーミングアップのセミナーを行ってきまして、 特にダイナミックストレッチについて細かく説明してきました。 ストレッチには伸ばしたままキープするスタティック(静的な)ストレッチと、 身体を動かしながら行うダイナミック(動的な)ストレッチがあります。 ウォーミングアップには血液循環を向上し、関節の可動性も上がる ダイナミックストレッチが有効と言われており、身体の協調性を高める 目的でもダイナミックストレッチを用いることがあります。 惰性で行うだけでは身体を温めるだけで終わってしまうダイナミックストレッ ...

no image

股関節

2015/3/4

臼蓋形成不全が原因と言われた股関節の痛みについて

最近は股関節の痛みを訴える方の来店や、股関節の異常から他の部位に痛みが出ている方の来店が増えているように感じます。 使用イラスト (c) フリーメディカルイラスト図鑑 股関節は複雑な構造をしているので原因は様々ですが、その多くは『臼蓋(きゅうがい)形成不全』によるものと言われています。 臼蓋形成不全とは骨盤側の『受け皿』が生まれつき浅く股関節が不安定になりやすい症状のこと。 ここから無理をして負担がかかりすぎると変形性股関節症に進行する可能性もあります。 - - - - - - - - - - - - - ...

no image

股関節

2015/2/27

横の動きを強化するサイドジャンプの段階的トレーニング方法

球技全般に言えることではありますが、スピードってとても大事ですよね。 「何、当たり前のこと言ってんの?!」 というご指摘をいただくのは十分わかっています。 では、あなたはどんなスピードが必要ですか? 初速をつけたい 後半の伸びをつけたい 切り返しを速くしたい 減速からの加速力をつけたい 一言に『スピード』と言っても、これだけのスピードが出てきます。 もちろんそれぞれの課題に対してのトレーニング方法も千差万別。 今回はその中でも横の切り返し動作を鍛える『サイドジャンプ』を紹介します。 このトレーニング自体は ...

股関節

2014/7/28

股関節の痛みであぐらがかけない方のストレッチ

今日は腰のヘルニアが原因で股関節周りも硬くなり、痛みであぐらや足を組む動作ができない方が来店されました。 股関節周りはとても複雑な構造をしているので姿勢によって痛みの感じ方が変わってきます。そのため、本人もどの姿勢で痛みが出るのか、どこがつまっているのかを正確に把握しづらく説明が難しくなることがあるんです。 股関節の痛みの原因 主に痛みが出やすい部位は、 ■骨盤の出っ張りの前側 ■ももの付け根の横側 ■お尻のえくぼのあたり 痛みの感じ方も、 ■つまり感がある ■こすれるような感じ ■挟まって痛い感じ と人 ...

Copyright© 府中市のスポーツ整体|ストレッチ&コンディショニングめんてな , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.