アキレス腱断裂の手術後、足のむくみを解消する

アキレス腱断裂の手術から二週間、ギプスが取れて歩行用装具での生活に切り替わりました。

今、悩まされているのが足のむくみ

アキレス腱に限らず、前十字靭帯断裂後の再建術や股関節の手術など下半身の手術をしたあとはむくみが出やすくなります。

術後の足のむくみは痛みや足首の圧迫感があるだけでなく、リハビリの進行を妨げるとても厄介なもの。

できるだけむくみを起こさないように気をつけることを書いていきます。




ギプス固定中にむくみが起きる原因

アキレス腱を断裂すると下肢の深部静脈血栓症を起こしやすいというデータがあります。これは手術、保存のどちらを選択しても可能性はあるようです。

体内の血液は動脈と静脈を通って身体中を循環しています。酸素や栄養を含んだ血液は心臓のポンプの作用で、動脈を通って指先などの末端に送られます。

では、酸素や栄養素を身体に中に送り込んだ血液はどうなるかというと静脈を通って心臓に戻ります。このときポンプの役割をするのはどこでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、足の裏やふくらはぎなど膝下の筋肉が動くときに、血液が押し出されて心臓まで運ばれます。

ギプス固定をしていると筋肉の動きがない(少ない)ため、足がむくみやすくなってしまうのです。

なので、血液の動きを作ってあげることがむくみ解消に必要となります。

足のむくみ解消のために

ギプス固定中でも指先が動くことは多いと思います。なので、動かせる範囲で指先を動かすようにしましょう。

また、足を高いところに上げておくことも重力の助けを得られるので大切なこと。私は縫合部分がギプスに当たって痛いということがありましたで、うつぶせで膝を曲げておいて指先を動かすということもやっておりました。


securedownload (4)ギプスが外れて歩行用装具に切り替わってからは、少しだも装具を外す時間を作ってください。座りっぱなし、立ちっぱなしは血液の流れが停滞してしまいます。

1時間のうち5分だけでも装具を外して、指先の運動や手で下から流すだけで少し楽になります。

もし外している時間がないという方はふくらはぎの着圧ソックスを活用するといいです。足先を動かしにくかったり、むくみに悩んでいる方のために開発された着圧ソックス。

部位ごとに段階的に着圧されているのでとても楽に感じます。

私は手術後に静脈血栓を防ぐために、看護師からいただいたこちらを利用しています。これをつけているだけでかなり楽になります。

ただ、医療用なので結構なお値段です。Amazonなどでは手頃な値段で売っているので、こちらを使ってみるのもいいかもしれません。

どうしてもむくみが解消されないときには

むくみの原因としては肺血栓塞栓症や深部静脈血栓症なども十分に考えられます。どうしてもむくみが気になるときは、素人判断をせずに専門の病院に行くようにして下さい。




フォローよろしくお願いします!