腰痛

2018/11/2

【症例報告】腰痛は反り腰の左右差が原因?!

腰痛の原因はいくつかあるのですが、腰が反りすぎて痛みが出てしまう「反り腰」は原因の一つとして考えることができます。 骨盤のねじれの左右差が話題に上がることはよくありますよね。 実はその延長で反り腰にも左右差が起こりやすいんです。今回はその原因について解説していきたいと思います。 腰の痛みのパターン 一言に腰痛と言っても、様々な症状があるため一概に一括りでまとめられないのが難しいところです。 腰の真ん中あたりが痛いこともあれば、左の横のあたりが痛いこともありますし、仙腸関節付近(骨盤の中心あたり)が痛いこと ...

no image

2018/4/18

体が緊張しやすいと腰痛になりやすい!?

先日、腰痛に関するシンポジウムの通訳付き勉強会に参加してきました。 これは2015年にシンガポールで行われた国際理学療法学会の中でも人気のあった腰痛に関するシンポジウムを通訳して、勉強していきましょうということで開催されたものです。 講師を担当してくださったのは、理学療法士の須賀康平さんと北住直樹さん。 須賀さんは解剖学&理学療法学の日本語版の翻訳を担当されている方で、実際に2015年に行われたシンポジウムに参加されたそうです。 内容がとても素晴らしく、日本でもシェアできれば日本の医療の発展に貢献できるの ...

2017/10/30

腹筋運動で腰が痛くなる理由は?

腰痛で病院や接骨院にいくと「体幹が弱いからですよ」と言われて腹筋運動をすすめられることはありませんか? ところが、腹筋運動をしようとしてもお腹よりも先に腰が痛くなってしまうという話しをよく聞きます。せっかく腹筋を鍛えようとしても、腰が痛くなってしまっては本末転倒ですよね。 「腹筋が弱いからか。。」 と思って、腰を我慢して腹筋運動を繰り返すとさらに腰痛が悪化しかねません。こういった場合はすぐにトレーニングのやり方を見直すようにしてください。 正しく腹筋運動をして腰痛を予防する方法を紹介します。 腹筋運動で腰 ...

姿勢

2017/6/14

オフィスのイスに座っていると腰が痛くなってしまう方が簡単にできる対処法

1日中イスに座って作業を続けていると、いい姿勢を取ろうと意識しても徐々に崩れてしまいますよね。短い時間でしたらまだしも、長時間になってくれば自然と背中も丸くなってしまいます。 たまに歩いたりできればいいのですが、気づけば2時間や3時間があっという間にすぎていたという話しもよく聞きます。 今回はそんな時に無理に意識しなくても、自然といい姿勢を取りやすくする方法をご紹介します。 正しい姿勢を取るために 長時間の座り姿勢は背中を丸くしてしまい、腰痛や肩こりの原因となってしまいます。まずは正しく姿勢を取るためにで ...

野球

2017/4/17

腰を回せと言われるけど、腰を回してはいけない理由

暖かくなってきて、スポーツをするのに気持ちがいい季節になってきましたね。つい動きすぎてしまって、翌朝起きたら腰が痛くなっていたという経験ありませんか? 特に野球やゴルフなど体をひねるスポーツではその傾向が強いですね。 速いスイングをするために腰を回せという表現をすることが多いのですが、実は腰を回すというのは間違った表現なんです! 腰を回せば回すほど、腰を痛める結果に。その原因を解説します。 身体の構造 背骨は首から骨盤まで26個の骨が連なっています。 上から、 頚椎(7個) 胸椎(12個) 腰椎(5個) ...

2017/2/19

外反母趾が膝の痛みや腰痛に与える影響

膝の痛みや腰痛を抱える方の足を見ていると外反母趾になっている方が非常に多いように感じます。 外反母趾というと高いヒールの履きすぎや姿勢の悪さが原因であることが多いのですが、幼少期の頃から外反母趾の方がいることも事実です。 骨格は遺伝するもので、生まれつき股関節周辺の変形などがあると歩き方のクセなどが出て外反母趾を起こしやすくなります。小さい頃からその足を見ていると意外と気づいていない方も多いのではないでしょうか。 外反母趾の特徴 外反母趾の特徴として、 ①親指が内側を向いている ②親指の付け根が外にせり出 ...

2016/10/22

腰痛の原因は胸にあり!?胸椎伸展エクササイズでしなやかな背骨を

先日のHEALTH PRESSでこんな記事が載っていました。 腰痛の原因は<硬くなった胸>! 「胸椎」を動かす簡単エクササイズで柔軟性をアップ 背骨はS字のカーブを描いているというのは知られていると思いますが、実際に何個の骨が連なって形成されているかなどは知られていませんよね。 構造的な問題が非常にわかりやい記事だったのでご紹介します。 背骨の形状を理解する 左側から見た背骨 引用:VISIBLE BODY 記事の中にもありますが、背骨は頚椎・胸椎・腰椎という3つのエリアに分けることができ、頚椎は7個・胸 ...

no image

姿勢

2016/10/12

寒さで肩周りのこわばりが強くなった時に効果的なダイナミックストレッチ

ここのところの寒暖差には正直、体がついていかない、、、という方も多いのではないでしょうか。実際にどれくらい気温が変化しているのかを調べてみました。 6日(木) 7日(金) 8日(土) 9日(日) 10日(月) 11日(火) 12日(水) 最高気温 31.3℃ 24.9℃ 24.7℃ 23.4℃ 19.6℃ 20.1℃ 23.2℃ 最低気温 21.4℃ 19.0℃ 19.0℃ 20.1℃ 17.5℃ 16.2℃ 13.7℃ 天気 曇り 晴れ 雨 雨のち曇り 曇り 曇り 晴れ ※10月6日(木)〜12日(水) ...

イベント

2015/9/1

原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2015 無事に終了!

今年も夏を締めくくる最後のビッグイベント『原宿表参道元氣祭スーパーよさこい2015』にてトレーナーブースを出展してきました! 今年で三回目となり、ブースもさらに拡大。 私たちの役割はこの日のために練習をしてきた踊り子さんたちが、ケガをすることなく最高のパフォーマンスを発揮できるように身体のケアにあたること。 せっかくこの日のために準備をしてきたのにケガをしてしまっては元も子もありません。 結局2日間で約500人の方にご利用いただき、無事に終えることができました。 よさこいは鳴子と呼ばれる楽器を手に、華やか ...

2014/11/21

水球×腰椎分離症

スポーツをしているとその競技に特有のケガ・起こりやすいケガというのがあります。 今日はその中でも『水球』について。 水中の格闘技と呼ばれるほど激しいボディコンタクトがあり、ケガが絶えないスポーツということはあまり知られていません。 ケガは打撲などの急性外傷と腰痛などの慢性障害に分けられ、今回のお話しは慢性障害に分類されます。 水球で起こりやすい代表的なケガは、 ①スローイング動作での肩や肘の痛み ②過度な腰椎伸展による腰痛 ③まき足による膝の痛み 特に中高生に起きやすい『腰椎分離症』は長期化することが多く ...

no image

2014/2/14

プルシェンコ選手の腰痛から考える競技特性と腰痛の関連性

ソチオリンピックが始まって1週間が経過しました。5時間の時差もなんのその、深夜でもテレビにかじりついて感動をもらっています。 昨日の男子フィギュアスケートでは、羽生結弦選手がショートプログラムでは史上最高となる101.45点を叩き出しました!すごいですね~。このまま金メダルまで突き進んでほしいものです。 そんな男子フィギュアスケートを引っ張ってきたロシア代表のプルシェンコ選手が、腰の故障を理由に棄権した姿が忘れられません。 直前の6分間練習でジャンプの着地をした直後に、腰をおさえて動けなくなっていました。 ...

no image

2013/12/5

脊柱管狭窄症の術後にしびれが残る理由

おはようございます、分倍河原駅から徒歩10分 ストレッチ&コンディショニングめんてなの倉持です。 脊柱管狭窄症の手術をされた方の中には、痛みが取れたもののしびれはいまだに続いているという方もいらっしゃいます。 最近の手術では神経を圧迫している箇所の骨を直接削るのではなく、インプラントと呼ばれるような機器を設置することで神経の通り道を確保するやり方が増えています。 これにより神経の圧迫を取り除き、腰や脚にかかる痛みを緩和するのですが、この方法をとることで直接骨や神経に触れることがないので、神経を傷つけるリス ...

Copyright© 府中市のスポーツ整体|ストレッチ&コンディショニングめんてな , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.