全身を鍛えるマルチホームジムが入荷しました!

こんにちは、めんてなの倉持です。

ついに一階でも本格的なトレーニングが
できるようになりました!

アイロテック社のマルチホームジム。


このマシン一台で全身を
くまなく鍛えることができます。

最大負荷は150ポンド(約68kg)なので
期待以上のトレーニングが可能です。

胸のトレーニング

胸のトレーニングはこの2種目。
チェストプレスとフライです。


チェストプレスはマシンに座って
まっすぐバーを押し上げます。

二の腕も一緒に鍛えることができ
上半身のボリュームアップに。


フライはしっかりと胸を開いて
閉じるを繰り返します。

チェストプレスよりも可動域を大きく使うので
胸の形がキレイになります。

チェストプレスはグリップ位置を変えることで
腕の角度も変わってきます。

背中のトレーニング

背中のトレーニングはこの2種目。
ラットプルダウンとベントオーバーロウです。


ラットプルダウンは逆三角形の背中を
作るのに最適なトレーニング。

後ろに下ろすか前に下ろすかは
肩まわりの可動域によっても変わります。


マシンの横からもケーブルが出ているので
下から上に引くことで背中を鍛えることもできます。

背中の厚みを出したいときは、
下から上に引くロウイング系がオススメ。

他にもロウプーリーなども可能です。

下半身のトレーニング

下半身のトレーニングはこの2種目。
レッグエクステンションとバックキックです。


レッグエクステンションは太ももの前を
鍛える代表的なトレーニング。

伸ばしきった時にギューっと力を入れると
さらに筋肉を使うことができます。

膝まわりを鍛えたい方はぜひ。


足首にベルトをつけて後ろに蹴り出すことで
太ももの裏やお尻を鍛えることができます。

太ももの裏は姿勢の改善にも効果があり、
弱くなりやすいので鍛えておきたいところです。

その他のトレーニング

他にも様々な使い方ができます。
例えば腹筋トレーニングや二の腕のトレーニング。


重りを使って行う腹筋運動は
あまり馴染みがないかもしれません。

床で行う腹筋で腰が痛くなる方は
ベンチで座って行うと痛めるリスクを減らすことができます。

おへそを覗き込むようにすることで
しっかりお腹に刺激を入れられます。


ケーブルを使ったアームカールは反動を使いづらく
二の腕にダイレクトに効いてきます。

腕をスッキリしたい方は
ケーブルを使ったアームカールをしましょう。


他にもやり方を工夫すれば
体をひねる系のトレーニングもできて
これだけで本当に全身鍛えられます。

パーソナルトレーニングだけでなく
「単純にトレーニングのやり方を知りたい」
という方もお気軽にご連絡ください。

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。
今回の無料PDFでは厳選した17種類の方法を紹介しています。全身くまなく網羅しておりますので、ぜひお試しください。