ゴルフにウォーミングアップは必要ですか?

ゴルフをされていて膝を痛めた方から、このような質問をいただきました。

Q.ゴルフでもウォーミングアップってやったほうがいいんですか?

A.もちろんやった方がいいです!

ゴルフやテニスの練習に行ったとき、
軽く屈伸や背伸びをしてすぐにプレーを始めていませんか?

確かに練習時間が限られている中で、できるだけたくさん練習したいのはわかりますが、
ウォーミングアップにもしっかりとした意味があるんです。

特に高齢になればなるほど大きな意味を持つことは、
あまり知られておりません。

ウォーミングアップの一番の目的は身体を温めることですが、
身体を温めることで得られる最大のメリットは『関節の動きをスムーズ』にすることです。

膝や肩などの関節には、関節の動きを滑らかにする『滑液』の存在が不可欠。
車などに例えると、滑液=潤滑油と考えてください。

ところが『滑液』は加齢とともに分泌量が低下するだけでなく、
ある条件を満たさないと分泌が促されません。

その条件というのが、『筋肉の温度が38℃以上になったとき』。
では、筋肉の温度が38℃以上になるにはどうすればよいかというと、

15分ほど心拍数を高める運動をするとようやく全身の血管が38℃になります。

これが『ウォーミングアップは15分やりましょう』と言われている理由で、
ウォーミングアップが重要と言われる理由です。

なかなか時間が取れないとは思いますが、
少し早めに現場に行って歩くだけでも大丈夫です。

あなたの膝を守るためにぜひやってみて下さい。

フォローよろしくお願いします!