NFL選手で最も多いケガは膝の損傷

アメリカの”The Wall Street Journal”というサイトの中で、こんな記事が載っていました。

アメリカのプロスポーツの中の最高峰、NFL選手の1年間のケガの割合が出されています。

MK-CJ573_COUNT_G_20140126221502

画像引用:The Wall Street Journal

特に多いと言われているのが膝のケガ。実に全体の22.3%の割合を占めています。

アメフトはコンタクトスポーツゆえに、下半身が固定された状態でタックルやブロックを受けることが多いです。

そのため膝にねじれが生じ、前十字靭帯を断裂したり、半月板を損傷する可能性が他の競技に比べはるかに高いのです。

また、前十字靭帯は接触型だけでなく、切り返しの際に足が引っかかったり、着地の際に膝崩れを起こすような非接触型でも断裂しやすいのが特徴です。

アメフトだけでなく、バスケットボール、サッカー、スキーなどのスポーツでも前十字靭帯のケガは選手生命を脅かしていますね。

靭帯を痛めた場合、手術をすることで治りますが、そのあとのリハビリをしっかりしないと「膝が伸びきらない」「膝を曲げられない」「階段の上りおりで引っかかる」という症状が残ってしまうこともあります。

正しい関節の動きを誘導してあげながら、関節可動域の回復・筋力を回復させながら無事に運動に復帰できるようにしていかないといけません。

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。

今回のPDFでは全身17ヶ所のコリをほぐ方法を紹介しています。ぜひご活用ください!