テレワークで運動不足が気になる!?そんな時は自宅トレでリフレッシュ

こんにちは、めんてなの倉持です。

新型コロナウイルスの影響で幼稚園や学校は来週からお休みになりそうですね。
会社にお勤めの方も、今週からテレワークに切り替わったという話しを聞いています。

テレワークに切り替わって感じること。
それは、、

思った以上に動いていない!


家から駅まで歩いて15分ほどだとすると、だいたい1500歩ほどと言われています。

さらに駅構内で歩いて、駅から会社まで10分歩いたと仮定すると、
往復で6000歩くらいは平均して歩いている計算になるんです。

意外と多くないですか。


テレワークになれば、単純にこの移動の分がなくなるわけですから
明らかに運動が足りなくなりますよね。

そうなれば体重も増えやすくなるし、代謝も悪くなって。

病気にならないためには免疫をあげないといけないわけですから、
仕事の合間に少しでも体を動かして代謝をあげておきましょう。

自宅でできる運動不足解消トレーニング

とにかく体を動かすことができればそれでいいのですが、
「体を動かして」と言われても何をしていいかわからないですよね。

そんなに気張らずに、気楽にやってみましょう。

つま先立ち

まずは血流をよくするつま先立ち。

座りっぱなしで作業をしていると、血液が下にたまってパンパンです。
足のむくみが気になる時は足首や足指を動かして血を流しましょう。

その場で足踏み

その場で足踏みをするのも血流をよくするのに効果的。

ふくらはぎや足指の運動だけではなく、
股関節の運動にもなるので意外と汗ばんできます。

お散歩

新型コロナウイルスは密閉空間で人と至近距離にいるときに
感染リスクが高まると言われています。

ということは、

空気の流れがあって広々とした空間だったら
リスクは低いんじゃないかと思われます。

もちろんマスク着用、帰宅後は手洗い・うがいは必須ですが。

ラジオ体操

ラジオ体操は誰もがやってきた馴染みのある体操の一つ。
なんとなく覚えていると思いますし、なんとなくで十分です。

全身を伸ばして、体をひねって、曲げ伸ばしをして。
全身をしっかり動かすことができるので侮れません。

階段の昇り降り

階段の昇り降りもいいですよね。
足腰を鍛えるのにはもってこいです。

普段電車を使っている方は慣れていると思いますが、
ちょっと使わないと途端に辛くなるのでやっておきましょう。

他にも

他にも肩回しや背伸びなど上半身のストレッチも取り入れて、
肩こりや腰痛の予防もお忘れなく。

自宅にいるとなんとなくピリッとしなかったりもしますので
少しだけでも取り入れて体をいい状態にしておきましょう。

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。
今回の無料PDFでは厳選した17種類の方法を紹介しています。全身くまなく網羅しておりますので、ぜひお試しください。