肩の力が抜けない時に簡単に肩の力を抜く方法

肩こりや首こりで悩んでいる女性の方はとても多いですよね。自分では自覚がなくても、美容院などで肩を触ってもらうと「こってますね〜」と言われてしまう方も含めるとかなりの数になるのではないでしょうか。

そんな方に共通しているクセというのが、


知らず知らずの内に肩に力が入ってしまっている


という点です。

そして、肩に力が入っていることはわかっていてもどうやって肩の力を抜いていいかわからないということがほとんどです。

それもそのはず。体の構造的に力を入れることよりも抜くことの方が数倍も難しいんです。人間は困難にぶち当たるとグッと身構えてしまいますよね。

これは自然の摂理で仕方がないことなのですが、やはり力が入りっぱなしでは困りもの。肩に力が入っているな〜と感じたときに簡単に抜ける方法を紹介します。

抜けないなら入れればいい

意識して力を抜けないのですから、思い切って全身の力を入れてみましょう。無意識で体に力が入ってしまっているのですから、一度力を入れていることを意識させてあげてください。

5秒ほど肩をすくめるようにして力を入れ続けます。そこからスッと力を解放してみましょう。

どうですか?

意外とスッキリしませんか?

実はこれはリハビリの手法の一つでPNFという方法を応用したものです。PNFというのは簡単に言うと、怪我などによって動きが制限されてしまった関節や筋肉の動きを回復させる手法のこと。

脳から「動け」という指令を出すことで神経の通りをよくし、その筋肉の機能を改善させるという働きがあります。

これを3回ほど繰り返します。座った姿勢で行っても結構ですし、立ったままでも問題ありません。意外と寝ている時も力んでいる方も多いので、寝た状態で行うのも効果としては高いと思います。

これまでの感じと力が抜けた感じを比べてみてください。今までいかに肩に力が入ってしまっていたか、わかるのではないでしょうか。


自分の意思で肩の力を抜くのはとても難しいことです。意識したら力は入ってしまいますからね。

そんな時は是非今回ご紹介した方法を試してみてください。プレゼンなど緊張してしまう場面の前に行うこともとても有効ですよ!

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。
今回の無料PDFでは厳選した17種類の方法を紹介しています。全身くまなく網羅しておりますので、ぜひお試しください。