マラソンシーズンとともに増えてくる腸脛靭帯炎

2014年も11月となり、日本のスポーツシーンも移り変わってきました。

プロ野球は日本シリーズが終わり、ストーブリーグが活発に。
Jリーグは最終説まであと1ヶ月。

これからの季節は駅伝やマラソンなど長距離種目が活発になってきます。

つい先日も、ランナーの女性が来店されました。

11月30日に開催される富士山マラソンに参加するために、
30km、ハーフのレースに参加するなどトレーニングを重ねていました。

今回、ハーフのレース中に膝の外側が徐々に痛くなり、
レース後は歩くのも困難になるほど痛くなったようです。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)と言われる症状です。

======================

腸脛靭帯炎(ランナー膝)についてはこちらの記事をお読みください

[st-card id=277 ]

======================

計画ではキロ6分15秒で走る予定だったそうですが、
調子がよくキロ5分45秒のペースで走っていたそうです。

10kmをすぎたあたりで徐々に痛みが出始め、
最後はギリギリ歩かないくらいのスピードだったとか。

調子がよくてペースを上げすぎると一気に身体が動かなくなるのは
意外とありがちなミスと言えます。

調子がいいときこそ慎重に入らないといけません。

私も経験あります。。。

腸脛靭帯炎が起きる原因はいくつかありますが、
●外荷重になりやすい
●疲れでペタペタ走るクセが出る

走っている最中に痛みがでるのはこんなことが考えられます。

特に足部に問題があることが多いため、めんてなでは
①膝まわりの筋膜・皮下脂肪リリース
②足部のアライメント調整
③ハムストリングスのリリースとストレッチ

といった対処方法で腸脛靭帯炎(ランナー膝)を改善していきます。

膝の痛みに関するお問い合わせは

このような方はお気軽にご相談ください

  • 慢性的な膝の痛みで走る練習ができない
  • 膝をケアするために何をすればいいか知りたい
  • フルマラソンを完走したい

専門のトレーナーがマンツーマンで指導しますので、上記のようなお悩みがある方はお気軽にご相談ください。ご自宅でできる簡単なストレッチやトレーニングの指導なども行いますので安心して取り組むことができます。

お問い合わせ・ご予約はこちら

お問い合わせや施術のご予約はこちらのフォームより承ります。

ご予約を希望される方は、ご希望の日時や連絡先を下記フォームに記入して送信をお願い致します。後ほどスタッフから折り返しのメールをお送りししますので、日時の確認を終えた段階でご予約が成立となります。

メールフィルターをお使いの方は、事前に下記ドメインを受信可能にして下さい。@mentena.com

当日の施術をご希望の方は、042-306-6147 までお願いします。「ホームページを見て…」とお気軽にお電話ください。

お問い合わせご予約取材・イベント依頼その他のご連絡

フォローよろしくお願いします!

【無料PDF】テニスボールストレッチパーフェクトガイド

全身のコリをほぐすのに最適なテニスボールを使ったストレッチ。手軽にできて効果も大きいので、セルフストレッチツールとして重宝します。
今回の無料PDFでは厳選した17種類の方法を紹介しています。全身くまなく網羅しておりますので、ぜひお試しください。