2月19日から札幌で始まった冬季アジア大会も8日間の日程を終え、閉幕しましたね。

フィギュアスケートやスピードスケートなど見所はたくさんありましたが、なんといってもモーグルの伊藤選手と村田選手の復活がとても嬉しいです。

その理由は3年前に二人を襲った膝の前十字靭帯損傷という大ケガ。

前十字靭帯の損傷はスポーツ選手にとって非常に大変な大ケガであり、復帰するのにはとても時間がかかります。また、復帰できたからといっても、必ずしも昔のような感覚に戻るとは限りません。


これは筋力的な面でも同じことが言えます。

ちょっとした筋肉の入れ方の違いは、やっている本人しかわからないものかもしれません。

「(ソチ五輪で痛めた)膝はすごく調子が良くて、(滑りも)だいぶ戻ってきました。(けがをする前と比べて現状は)60〜70パーセント、もう一息だと思います」。(引用:スポーツナビ)

ケガから早3年。それでもまだ60〜70%というわけですから、どれだけの大怪我で、どれだけのリハビリをしてきたかなどもわかりますよね。

そんな状態の中でも村田選手は金1つと銀1つ、伊藤選手は銅2つを獲得したわけですから。


平昌オリンピックまであと1年を切りましたね。

冬季オリンピックでの活躍をお祈り申し上げます。



▶︎ LINE友達募集しています!お気軽にご質問下さい。

LINE@