サポーター

no image

2019/1/16

緩くなってきたサポーター。買い替えの時期は?【怪我のリスク回避】

こんにちは、スポーツ整体院めんてなの倉持と申します。 現在、怪我をしてしまった方の運動機能回復トレーニングをめんてなで行いながら、アメフトチームでトレーナー活動をしております。 先日、お客様と膝のサポーターの話題になりました。 サポーターって買い替えるのがもったいなくて、緩いなーと思ってもそのまま使い続けたりしてしまうんですよね。 実は学生でも、マジックテープが弱くなってつかないからテーピングで止めて使い続ける選手であったり、プラスチック部分が変形しているのに使っている選手がいるので、よく注意しています。 ...

テーピング

2017/4/25

サポーターとテーピングはどちらの方が効果がありますか?

こんにちは、LINE@をはじめてからというもの、意外と多くの質問をいただいております。 今日はその中から。 Q.足首が痛いのですが、テーピングとサポーターはどちらの方がいいですか? 捻挫などで足首を痛めてしまったけど、どうしても試合にでなければいけない時ってありますよね。そんな時にどちらの方がいいかというのは非常に大切な問題です。 テーピングをする時に考えること テーピングは専用のテープを使用して、患部を固定することを目的とします。足首の捻挫を予防するためには、ホワイトテープで固定することがメインとなりま ...

no image

トレーナー活動

2016/6/23

気休めだけどサポーターをつけていると楽な気がするという本当の理由

膝が痛い時にサポーターをつけているとなんとなく楽に感じますよね。冷やしたくない、安心感など幾つかの理由があると思いますが、なんとなく「楽な感じ」がするからという理由の方が多いと思います。 ところがサポーターをすることで、実際に痛みを和らげている理由がちゃんとあるんです。 神経伝達速度の違い 人間の体には皮膚上に感覚を司る受容器があり、それによって痛い、触った、熱い、寒いなどを感じます。その感覚を伝える神経伝達速度はそれぞれの感覚によって異なります。 1.触覚・圧覚 30〜70m/s 2.鋭い痛み 12〜3 ...

Copyright© 府中市のスポーツ整体|ストレッチ&コンディショニングめんてな , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.