最近はアスリートの低年齢化と競技専門化が進み、小学生でもかなり追い込んだ練習をしている場面を見かけます。ただし、これは取り返しのつかなくなる可能性もあるということを頭に入れておいてください。

子供の体は大人の体の縮小版ではありません。

子供の骨には骨端線という成長するための軟骨が存在します。成長期には、この骨端線から骨が成長していくわけですが、通常の骨よりも柔らかいため度重なるストレスや突発的なケガにより傷つきやすいのです。


一度傷つくと骨に変形が出てしまい、元に戻らなくなってしまいます。子供の頃に肘や膝を痛めた経験があると、大人になっても痛みと付き合わなければいけません。

お子さんが痛いと感じている時はすでに遅い可能性もあります。かといって、子供の痛みの感じ方は日々変わります。少しおかしいと言い始めたら、何かが起きている証拠ですのでお早めの対処をお勧めします。

[card url=”https://www.mentena.com/?page_id=292″] [card url=”https://www.mentena.com/?page_id=401″]