スポーツのケガ

必死に練習してきたのにケガをして試合に出られないかもしれない
最近、肘の痛みが続いていて好きだったテニスが面白くない
もっと追い込みたいのに膝が痛くなりそうで走ることができない

これまでに当院にいらっしゃった皆さまも、同じような思いで悩んでいました。笑顔でスポーツを楽しんでもらうために、様々なスポーツ現場でトレーナー経験を積んできたスタッフが全力でサポートします。

スポーツ中のケガの分類

スポーツ中に起こりやすいケガや痛みは、スポーツ外傷とスポーツ障害の2種類に分類することができます。

スポーツ外傷は足首の捻挫、骨折、肩の脱臼、太ももの肉離れ、前十字靭帯やアキレス腱の断裂など、突発的に起きるケガのこと。いつ起きるかわからないので、全てを予防するのは難しいかもしれません。

スポーツ障害は、ランナー膝、野球肩、テニス肘、ジャンパー膝など特定の動きを繰り返すことで一箇所に負担がかかって慢性的に痛みが出ること。それぞれのスポーツ特有の動きによって、カラダの一部が酷使されて痛みが出てしまいます。


突発的なケガから慢性的な痛みへと変わってしまうこともありますし、逆に慢性的な痛みをかばって動いたことで別のケガをしてしまうこともあります。

例えば、太ももの肉離れをしてしまうと、太もものツッパリ感がなかなか取れずいつまでも痛みや違和感が残ってしまうことがあります。この違和感をかばって走っていることで、カラダのバランスが悪くなり膝を痛めてしまう可能性もあるわけです。


この負のスパイラルをどのように断ち切るか。

そのためには、痛めた部分を休ませるだけではなく、ケガをしてしまった原因(例えば、カラダのゆがみや筋力のアンバランス)を改善しないといけませんし、クセになってしまった悪い動きも改善していく必要があります。


いつも同じ側ばかりケガをしてしまう。こんな経験ありませんか?

これこそがまさにカラダのアンバランスによってしみついてしまった動きのクセです。最終的にはここまでアプローチしていかないと、根本改善ということはできません。

競技別に起こりやすいケガ

それぞれの競技ごとで起きやすいケガは変わってくるので、参考にしてください。

■野球
野球肩
インピンジメント症候群
ルーズショルダー
野球肘
腰椎分離症・すべり症
腰椎椎間板ヘルニア
股関節の痛み・つまり感
ハムストリングスの肉離れ

■マラソン
ランナー膝
鵞足炎
シンスプリント
アキレス腱炎
足底筋膜炎
足の甲の痛み

■サッカー
グロウインペイン(股関節の痛み)
大腿四頭筋(太もも前)の肉離れ
ハムストリングスの肉離れ
太ももの打撲
オスグッド
前十字靭帯の断裂
足首の捻挫グセ

■バスケットボール
前十字靭帯の断裂
半月板損傷
ジャンパー膝
腰椎椎間板ヘルニア
筋・筋膜性腰痛(慢性的な腰痛)
足首の捻挫
アキレス腱断裂

■テニス・バドミントン
ルーズショルダー
インピンジメント症候群
テニス肘
半月板損傷
膝の内側の痛み
ふくらはぎの肉離れ