サッカー

アキレス腱 サッカー スポーツ全般 テニス ラグビー 野球

2017/11/8

足首の捻挫がよくなってきたと思ったらアキレス腱が痛くなってきた。原因と対処法は?

スポーツをしていると足首の捻挫は頻繁に起こる怪我の一つですね。サッカー選手やバスケットボール選手の中には、捻挫を怪我と思っていない選手もいるかもしれません。 ところが、捻挫を侮っていると足首だけでなく他の部位にも影響が出やすくなってしまいます。 その中でも足首の捻挫がよくなってくる頃に痛み始めることが多いのがアキレス腱。せっかく足首がよくなってきたのに、アキレス腱の痛みで悩まされるのは辛いですよね。 なぜアキレス腱が痛くなるのか、原因と対処法を探っていきたいと思います。 足首の捻挫で痛める部位 よく起きる ...

no image

サッカー トレーニング 姿勢 食事

2017/8/7

柔よく剛を制す、の裏側にある言葉の意味

今日は天皇杯4回戦以降の組み合わせ抽選がありましたね。 これまでYS横浜(J3)、ベガルタ仙台(J1)、アビスパ福岡(J2)とJリーグ勢を撃破してきた筑波大学に注目が集まっていますが、4回戦は大宮アルディージャとの対戦が決まりました。 どこまでいけるか楽しみですね。 筑波大学が注目されている理由の一つにフィジカルの強さがあげられています。3回戦で負けてはしまいましたが、いわきFCも同じように高いフィジカルで注目されたのは記憶に新しいと思います。 そんな中、こちらの記事を読む機会がありました。Faceboo ...

サッカー トレーナー活動 トレーニング 姿勢

2017/5/28

子供の走り方講座で講師を務めました

昨日、八王子や多摩センターを拠点に活動をされているアルムンドサッカースクールさんのご依頼で、子供の走り方講座の講師をしてきました。 これまでも石原塾さんでの子供のかけっこ教室や、フリースクールでの運動教室をしてきました。子供たちと触れ合うと元気をもらえるのでいいですよね。 【走り方を教える】 というと、決まった形にはめ込むというイメージがあるかもしれませんが、走り方は柔軟性や身長、筋力などの身体特性により変わってしまいます。正解というものはないんですね。 それでも共通して気をつけておいた方がいいこと、走る ...

サッカー

2017/4/7

サッカーと膝のケガについて

2月末に開幕したJリーグも5節を終了し、少しずつケガ人の報告が増えてきてますね。。 毎年のことながら、手術を要するほどの膝のケガというのは記事を見るたびに気持ちが落ち込んでしまいます。それほど膝に負担がかかるスポーツとも言えます。 2月からここまでで、膝のケガで記事になったものを見ていくと、 氏名 所属 負傷部位 負傷日 手術および全治 レアンドロ選手 ヴィッセル神戸 左膝前十字靭帯、外側半月板損傷 2/25 手術なし(全治6ヶ月) 稲本潤一選手 コンサドーレ札幌 右膝外側半月板損傷 以前から 3/7(全 ...

サッカー

2017/2/24

足首をひねってくるぶしの腫れが引かない時は剥離骨折かもしれません

転んだことで足首をひねって、捻挫だと思っていたら剥離骨折をしていたということが、1月・2月で3件ありました。 ●歩いていて足首をひねった ●サッカーで足をけずられてひねった ●段差を踏み外してひねった 足首はかなり腫れていたのですが、痛みや腫れのある部位を探っていくと靭帯のある位置ではなく、くるぶしの上あたりでした。少しでも剥離している可能性があるときは、何もせずに病院でレントゲンを撮っていただきます。 後日、伺ったら剥離していたと報告をいただきました。では、剥離骨折とはどう言った状態なのでしょうか。 剥 ...

no image

サッカー トレーナー活動

2016/6/25

前十字靭帯断裂のニュースから見る傷害予防の重要性

昨日は前十字靭帯の断裂に関するニュースが二つ載っていましたね。かつては選手生命を脅かす非常に危険なケガと言われていた前十字靭帯の断裂も、治療技術の進歩によりしっかりとしたリハビリを行うことで復帰も可能になりました。 とは言っても、手術やリハビリなどには最低でも6ヶ月以上はかかるため、そこから復帰するためにはかなりの努力が必要であり大怪我であることに変わりはありません。 木村昇吾選手が前十字靭帯を断裂 一つ目の記事は西武の木村昇吾選手。昨オフに広島からFAし、今年の春から西武に入団した36歳のベテラン選手で ...

サッカー テーピング ランニング 野球

2016/3/21

大腿四頭筋(太もも前)のキネシオテーピングの方法を動画で公開しました

大学で部活に励んでいる選手たちは春休みも終盤になり、身体の疲労もピークにきているかもしれません。 ダッシュや切り返しなど激しいトレーニングで追い込んでいると、ハムストリングスや太ももの前側の張りがなかなか抜けづらくなったり、肉離れなどの筋肉系の怪我を起こしてしまうこともあります。 ストレッチやマッサージなどではどうしても抜けづらくなった時のために、大腿四頭筋(太もも前側)のキネシオテープの方法をご紹介します。 大腿四頭筋の肉離れ ハムストリングスに比べると大腿四頭筋は肉離れを起こすことは少ないですが、一度 ...

no image

サッカー トレーニング

2014/1/16

長谷部誠選手の半月板損傷からみるスポーツ選手と膝との関係

ドイツ1部リーグのニュルンベルクでプレーする日本代表の長谷部誠選手が、15日の練習試合で右膝の外側半月板損傷で4~6週間離脱というニュースが出ました。試合中に右膝をひねってしまったようです。 一昔前まではスポーツ選手にとって半月板損傷は選手生命に大きく関わる重傷と言われていました。それでも最近は医療の発達などで、半月板をケガしても復帰できるようになっています。 サッカーではインテルの長友選手やミランの本田選手、野球では元ヤンキースの松井さんや清原さんや金本さん、ほかにもマラソンの高橋尚子さんなどが半月板損 ...

Copyright© 府中市のスポーツ整体|ストレッチ&コンディショニングめんてな , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.