府中本町駅から徒歩5分のスポーツ整体院。関節のゆがみを整える手技や正しい動きを覚えるエクササイズで、関節の痛みを根本から改善します。

リトルリーガーズショルダー

発育期の肩の痛みは

発育期の骨組織には上端と下端に骨端軟骨というものがあり、
骨端軟骨の増殖→骨化を繰り返すことで骨が成長していきます。

骨端軟骨は通常の骨よりも軟らかいため、
繰り返しのストレスがかかると傷つきやすく痛みを引き起こします。

特に投球動作時に肩にはとても大きなストレスがかかります。

成長段階では筋肉よりも骨の方が成長が早いため、
この時期に酷使してしまうと靭帯や腱をいためる原因にもなってしまいます。

成長期のケガは大人になっても引きずってしまうほど重大なため、
しっかりと治す必要があります。

子供の体は大人の体の縮小版と考えられがちですが、
全くの別ものですので十分に注意しましょう。

痛みを感じたら

いい投げ方をするのは大事ですが、
それ以上に投げすぎに注意です。

どんなにいい投げ方をしても肩には大きな負荷がかかります。

特に子供の成長は人によって様々で、
早熟の子もいれば晩成型の子もいます。

全員を同じように扱うのではなく、
それぞれの子にあわせた指導法ということも大事なポイントです。

また、これまで見てきた経験から股関節周りが硬い子に、
肩や肘の障害が出やすいです。

これは体が開きやすくなることで、
肩に負担をかけていると考えられます。

めんてなでは、肩周りの柔軟性とともに、
股関節まわりの柔軟性の向上、体幹のねじれパターンの習得で、
正しい動作パターンを体で覚えていただきます。

最近は体が硬い子も多くなってきているので、
まずは毎日のストレッチを徹底するだけでも効果はありますよ。

 



▶︎ LINE友達募集しています!お気軽にご質問下さい。

LINE@

「ホームページを見て」とお電話ください TEL 042-306-6147 ●定休日/毎週木・日曜
●JR府中本町駅から徒歩5分
●自転車置場あり
●ベビーカー・車椅子OK

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+


ジャパンフィットネス2013年11月号で表紙&肩甲帯の機能について3ページ特集されました。

症状・目的別のページ

肩バナー 肘バナー 腰バナー 股関節バナー 太ももバナー 膝バナー 下腿バナー 足首バナー 子ども パーソナルバナー

営業カレンダー


2017年5月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

が定休日です
は14時営業開始です
ロゴ2
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.