府中本町駅から徒歩5分のスポーツ整体院。関節のゆがみを整える手技や正しい動きを覚えるエクササイズで、関節の痛みを根本から改善します。

腰痛とコンディショニング

  • HOME »
  • 腰痛とコンディショニング

推定患者数2800万人(厚労省調べ)

これが日本で腰痛に苦しんでいる人の実態です。
実に4人に1人は腰痛に悩んでいるという計算になります。
特に40~60代の40%が腰痛を訴えているようです。

では、これほど多くの人が腰痛に悩む原因はどこにあるのでしょうか?
それは人間の進化が大きく影響しています。

元々、4本足で生活していたのが進化とともに、
2本足となり両手を自由に使えるように進化を遂げます。

今まで地面に対して水平だった背骨も、
2本足になることで地面に対して垂直になりました。

さらに上半身の重みを支えることも腰の役割に追加されました。
このように腰には普段でも大きな負担がかかっています。

腰痛が起きる原因

■姿勢が悪い
■長時間同じ姿勢をとっている
■筋力や柔軟性の低下
■偏った生活行動習慣
■過度の運動
■心理的側面

腰は肩から骨盤を背骨で結んだラインの中間にあります。
そのため、肩周りや骨盤のゆがみの影響を受けやすくなります。

普段の何気ないクセや偏った運動をすることで、
体のバランスが徐々に崩れ、腰の負担が大きくなってくるのです。

腰痛の分類

整形外科的な分類をしていくと、下記のように分けることができます。

①椎間板ヘルニア
②分離症・すべり症
③脊柱管狭窄症
④筋・筋膜性腰痛
⑤側湾症

①~③は背骨自体の変形もしくは背骨と背骨の連なり方に、
異常が見られることです。

実際にはこの症状は全腰痛の20%ほどで、
あとの80%は筋・筋膜性であったり心理的側面と言われています。

そのため、いかに筋肉を緩めていくかというのが大事な要素となるわけです。

「腰が痛いときは腹筋をするのがいいよ」
という意見もありますが、これは半分だけ正解です。

ねじれた状態で腹筋をすることは他の部分に
ストレスを与えているということにつながります。

腰痛解消には

めんてなでは腰痛解消のためにある機械を使っています。
それがこちらの「リアライン・コア」という機械。

リアラインコア

「リアライン・コア」とは、
体幹~骨盤(コア)の歪みを調整する(リアライン)というコンセプトで作られています。

大リーグ養成ギブスのようにも見えますが、
これで骨盤を締めることで歪みを整えて身体の機能を回復させます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「リアライン・コア」の使用前後で身体の変化を調べた写真がこちらです。

リアラインコア使用前後

腰痛になるとかがむのがシンドいパターンと、
後ろに反るのがシンドいパターンの二種類に分かれます。

この方はギックリ腰になり後ろに反れなくなってしまいましたが、
5分ほどの「リアライン・コア」でここまで動けるようになりました。

腰痛で動けなくなり、さらに身体が固まって痛みが強くなるというケースはよくあります。

なので、「リアライン・コア」を使うことで腰にかかる負担を減らせば、
その間にさらに必要なことができるようになります。

注意点としては使いすぎると腰の筋肉がゆるみすぎてしまうため、
翌日に痛みが出る可能性があることもあります。

めんてなでは、最初に筋膜リリースや皮下脂肪リリースといった
手技で背中全体を緩めておきます。

そのあとに「リアライン・コア」を使って動きながら骨盤と腰周りの筋肉を調整します。
「リアライン・コア」を使うのはせいぜい5分くらいです。

そのあとに、骨盤を動かすエクササイズで腰周りの筋肉を刺激してから、
全身のストレッチで身体を整えていきます。

お店に入ったときは壁づたいでないと歩けなかった方も、
終わったあとは片脚立ちで靴下を履けるまで回復しますよ。

※個人差があり、効果を保証するものではありません



▶︎ LINE友達募集しています!お気軽にご質問下さい。

LINE@

「ホームページを見て」とお電話ください TEL 042-306-6147 ●定休日/毎週木・日曜
●JR府中本町駅から徒歩5分
●自転車置場あり
●ベビーカー・車椅子OK

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.