2013年からトレーナーブースを出させていただいている原宿表参道元氣祭りスーパーよさこい。5年目となる今年も無事に終了致しました!

ドタバタしすぎていて、ご報告がこの時期になってしまいました。。

まずは踊り子の皆さん、運営スタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした!今年は二日間ともいい天気で、最高のよさこい祭りになったことと思います。

我々トレーナー陣もやりがいのある現場にめぐり合うことができ光栄です。




よさこい祭りでトレーナーブースを出すことになった経緯

そもそもなんでよさこい祭りにトレーナーブースを出すことになったのか、というところですよね。

よさこい祭りは昭和29年、戦後不況の中で高知県商工会議所が中心となり経済復興・地域興しを目的とし南国土佐高知で誕生しました。土佐弁で「夜に来てください」と言う意味。

本場高知「よさこい祭り」では曲の一部に武政英策氏作曲”よさこい鳴子踊り”のフレーズを使用すればアレンジは自由というルールがあります。この”よさこい鳴子踊り”は”よさこい節”、”よっちょれ(わらべ歌)”、”ジンマも(郷士の隠れ唄)”の3つの曲を合体させたもので、武政氏はこの楽曲の著作権を放棄し、提供しました。

鳴子、衣装、地方車はよさこい祭りに欠かせない必須アイテムです。(引用:スーパーよさこいHP)

日本全国に広まっているよさこい祭りですが、その中でも原宿で行われるスーパーよさこいはステージ3会場、ストリート2会場にて踊りを披露するビッグイベントとなっています。

特に日曜日には表参道を通行止にして練り歩くのですが、選抜されたチームしか踊れない決まりがあるのです。





実際にみると、とても激しい踊りなのがわかりますよね。

毎年ケガ人が出てしまうため、どうにか安心して踊り子さんが最高のパフォーマンスを出せるようにできないか、ということでお声かけいただきました。

今年で5年目となるトレーナーブース

初めての年となる2013年は社会人アメフトチーム時代のトレーナー仲間に声をかけ、トレーナー8人でスタート。二日間合計で248人の施術をしたのが始まりです。

そこから、少しずつ拡大をしていき、

2014年:トレーナー7人で合計361人
2015年:トレーナー14人で合計501人
2016年:トレーナー14人で合計515人

とトレーナーの人数を増やしたこととともに、利用される方も増えていきました。

そして、今年はトレーナーが土曜日11人、日曜日16人に対して合計で629人の方にご利用いただくことができました!

2017年よさこい2日目_170828_0028

2017年よさこい2日目_170828_0059

2017年よさこい2日目_170828_0001

三年前はアキレス腱断裂、昨年は骨折が2名と大きな怪我が出てしまいましたが、今年は両足をつってしまった方が3名と捻挫が2名ということでそこまで大きな怪我は出ませんでした。

運営されている方からも、踊り子さんからも「怪我が少なくなって本当に助かっています」と言われることはトレーナー冥利に尽きます。毎年これを楽しみにしている、と言っていただけると疲れも吹っ飛びますね。

ひとまずは二日間、お疲れ様でした!また来年、よろしくお願いします!






▶︎ LINE友達募集しています!お気軽にご質問下さい。

LINE@