1月もあっという間に過ぎようとしていますね。2月といえば節分、豆まきの季節がやって来ました。

毎年、大國魂神社では豆まき式が執り行われており、今年もたくさんの著名な方々がいらっしゃいます。

IMG_5699

ラグビーのトップリーグで優勝を飾ったサントリーサンゴリアスや同じ府中を拠点とする東芝ブレイブルーパスの選手、FC東京や府中アスレの選手など府中を代表するスポーツ選手がたくさんいらっしゃいますが、今年の注目はなんといっても稀勢の里関ではないでしょうか。


稀勢の里関は毎年、大國魂神社での豆まきに来てくださっていますが、今年は例年とはワケが違います。

先日行われた初場所では14勝1敗で見事優勝!昨年は年間最多勝を飾っているため、1月23日に行われた横綱審議委員会で横綱昇進がほぼ決定的となっていました。

IMG_5758

1月25日に正式に横綱への昇進が決まり、1月27日に行われた奉納土俵入りでは19年ぶりの日本人横綱を見ようと、18,000人の観衆が訪れたそうです。

今回の豆まきは横綱として初めてのイベントというわけではないですが、横綱となった稀勢の里関を見ようと例年以上の盛り上がりになることは間違いありません。


大國魂神社では午前11時から厄除特別祈願祭、午後2時・4時・6時に豆まき式が行われる予定です。ちなみに稀勢の里関は午後6時の部に参加されるとのこと。

今年は金曜日ですが、例年かなりの人ごみとなります。

戦隊モノのヒーロー見たさにお子様もたくさんいらっしゃると思いますが、迷子と転倒にはくれぐれもお気をつけください!







大國魂神社までの行き方

大國魂神社は京王線「府中」駅から徒歩5分、JR南武線・武蔵野線「府中本町」駅から徒歩5分と東西南北どこからでもアクセスがしやすい場所に位置します。

東京の東西を走る京王線では新宿から府中まで特急で約25分、京王八王子から特急で約20分。

神奈川と東京を南北に走るJR南武線では立川から府中本町まで約15分、川崎から府中本町まで約45分。

埼玉や千葉と東京を結ぶJR武蔵野線では武蔵浦和から府中本町まで約30分、西船橋から府中本町まで約80分。

どれも乗れば一本でく来ることができます。府中、府中本町から大國魂神社までの道順はこちらに載ってますので、ぜひご参照下さい。

お車でお越しの場合、大國魂神社内には約200台分、近隣にも幾つか有料駐車場がありますが、どこも非常に混むため確実に停められるかはわかりません。

できる限り電車でお越しいただくことをお勧めします。